PAGE TOP

トップページ > 在宅医療

在宅医療のご案内


かいてき調剤薬局では、医師、訪問看護師、施設スタッフやケアマネジャーと連携し、医師の指示のもと薬剤師がお薬を準備し、ご自宅や各種高齢者施設に配達いたします。
また、服薬・薬歴管理、服薬指導、効果確認、体調確認、お薬に関するご説明や相談に応じています。
まずはお気軽にお問い合わせください。
対象の方 ● ご自宅や各種高齢者施設で訪問診療を受けていらっしゃる方
● 病院や薬局に通院・来局するのが困難な方

かかりつけの医師に薬剤師の在宅訪問についての同意をもらいます。
薬剤師は、医師の処方せんに基づいて調剤したお薬をお届けします。
患者さま、施設の運用などに合わせたお薬のセットのご用意や、お薬の粉砕・一包化のご提案、
お薬についての効果や副作用の有無などの説明をし、体調の確認を行います。
訪問後、薬剤師は医師、医療機関、ケアマネージャーに報告書を提出、
情報交換をしながら連携してケアを行います。
一包化とは 錠剤やカプセル剤など異なる2種類以上の薬を飲む場合や、 飲むタイミング(朝食後、昼食後など)毎に薬を1回分ずつ1つの包装にまとめることです。
薬剤師は、地域の医療・介護の専門家とチームを組んで在宅訪問に取り組んでいます。
薬によって体調の変化が起こる場合があります。<br />
            年齢のせい、病気のせいと思い込まずに、まずはお気軽に薬剤師に相談してください。<br />
            「味が分からなくなる」「転倒しやすくなる」「ふらつく」「尿が出ない」「便秘」「眠れない」「ボーッとしている」などの体調をお伺いして薬の影響をチェックし、医師と相談して治療に反映します。

お薬代は健康保険を利用し、1~3割の個人負担金がかかります。
また、在宅患者訪問薬剤管理指導料として下記の金額がお薬代に加算されます。

介護保険をご利用の場合 月4回(末期の悪性腫瘍の患者等の場合は週2回かつ月8回)まで
単一建物居住者1人 507単位
単一建物居住者2~9人 376単位
それ以外の場合 344単位

医療保険をご利用の場合 月4回(末期の悪性腫瘍の患者等の場合は週2回かつ月8回)まで
単一建物居住者1人 650点
単一建物居住者2~9人 320点
それ以外の場合 290点

ご注意点 医療保険分(お薬代など)は医療保険適用です。特殊なお薬がある場合は、加算があります。
介護保険の認定を受けている方は、薬局との契約が必要です。
※介護保険の認定を受けていない方は、医療保険を利用します。

疑問などございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら